SoftBankが新しい広告事業開始

インターネット事業や携帯電話で有名なSoftBankが、新しい広告事業を始めるようです。
広告の設置場所は駅や空港などで、大型ディスプレーを使って広告や番組を流す事業だそうです。

福岡市内には実証実験として64台ものディスプレーが設置されており、15日から広告枠の販売を始めるそうです。
また、東京や横浜、名古屋などにも広げる予定だそうです。

ソフトバンクの勢いはとどまるところを知らないですね。

 ※関連記事は右サイドバーの「リンク集」から、「関連記事」のリンクを参照ください。


【テクニカルエンジニア(NW)今日の過去問対策】
平成16年 問40

無線LAN(IEEE 802.11)のローミング機能の説明として、適切なものはどれか。

ア アクセスポイントが適当なタイミングで発信するフレームを受信して、端末がグループ識別子やフレームを送信するタイミングを認識する機能である。
イ アクセスポイントと同じグループ識別子をもつ端末同士だけが通信できるように、アクセスを制限する機能である。
ウ 暗号化することによって、通信データを盗聴されないようにする機能である。
エ 異なるアクセスポイントのエリアに端末が移動しても、そのまま通信を継続できるようにする機能である。
 ※答えは「続きを読む」で
<答え>
【エ】
ア ビーコンとその時間管理の仕組みの説明です。
イ SSIDの説明です。
ウ WEPの説明です。
エ 正解
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Produce by Nariaki Okamoto
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。