Fujitsuからブルーレイディスクドライブを搭載したデスクトップ発売

Fujitsuから、ブルーレイディスクドライブを搭載したデスクトップが発売になります。

ブルーレイディスクドライブを搭載するのは、「FMV-テオ」という機種の
の最上位モデル「TEO90X/D」です。
この「FMV-テオ」は、HDMI端子が付いているので、家にある大型薄型テレビなどに接続してリビングなどで楽しむことが出来ます。

しかも、Panasonicのビエラシリーズのリモコンで、各種メディアの再生や、テレビとパソコンの同時電源オフなどが出来るそうです。

TEO90X/Dと、TEO70X/Dは、デジタル3波チューナーも搭載しているので、パソコンとしてだけでなく、DVD(BL)レコーダーとしても利用されそうですね。
 ※関連記事は右サイドバーの「リンク集」から、「関連記事」のリンクを参照ください。


【テクニカルエンジニア(NW)今日の過去問対策】
平成16年 問24

クラスDのIPアドレスを使用するのはどの場合か。

ア 端末数が250台程度までの比較的少数のホストアドレスを割り振る。
イ 端末数が65,000台を超えるような大規模なホストアドレスを割り振る。
ウ プライベートアドレスを割り振る。
エ マルチキャストアドレスを割り振る。
 ※答えは「続きを読む」で
<答え>
【エ】
ア クラスCの説明です。
イ クラスB、Aの説明です。
ウ クラスとは直接関係ありません。プライベートアドレスは
  10.0.0.0〜10.255.255.255
  172.16.0.0〜172.31.255.255
  192.168.0.0〜192.168.255.255
  です。
エ 正解
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Produce by Nariaki Okamoto
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。