ブトウ糖を使って発電する電池

ニュースで、SONYがブトウ糖を使って発電する電池を開発したという
報道がありました。
この電池でウォークマンの再生ができるだけの電力を供給できるようです。

使用後は炭水化物と水が残るだけで、発電時には二酸化炭素も排出しないということで、クリーンなエネルギーとして注目が集まっているようです。

SONYというと家電関係の開発がメインだと思っていましたが、こんな開発もしてるということに驚きです。
 ※関連記事は右サイドバーの「リンク集」から、「関連記事」のリンクを参照ください。


【テクニカルエンジニア(NW)今日の過去問対策】
平成16年 問18

ソフトウェア開発・保守工程において、リポジトリを構築する理由はどれか。

ア 各工程での作業手順を定義することが容易になり、開発・保守時の作業ミスを防止することができる。
イ 各工程での作業予定と実績を関連付けて管理することが可能になり、作業の進捗管理が容易になる。
ウ 各工程での成果物を二元管理することにようて、用語を統一することもでき、開発・保守作業の効率が良くなる。
エ 各工程での発生不良を管理することが可能になり、ソフトウェアの品質分析が容易になる。
 ※答えは「続きを読む」で
<答え>
【ウ】
リポジトリ(repository)とは、日本語に訳すと「容器、倉庫」となります。
コンピュータシステムでは、データや情報、プログラムなどが体系だてて保管されている場所をさします。

ア リポジトリにより作業手順の定義は容易になりません。
イ リポジトリには、作業の予定・実行管理の機能はありません。
ウ 正解
エ リポジトリには、バグ管理などの機能はありません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Produce by Nariaki Okamoto
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。