「BlackBerry」が日本語に対応

カナダのResearch In Motionが開発した携帯端末「BlackBerry」が、NTTドコモから、日本語対応端末に対応して登場するそうです。
「ブラックベリー」は通話や携帯メールの他に、パソコン向けのホームページ閲覧やPCメールの送受信等が出来るため、特に企業ユーザに人気が高い端末です。

今回の日本語化で、端末の設定や操作に使われる言葉が日本語になった他、
ローマ字かな方式による日本語入力も可能だそうです。

企業ユーザから「ブラックベリー」の日本語化の要望が強かったことから
今回の対応となったそうです。
いつの日か、個人ユーザの要望から、「iPhone」がドコモから登場するかも
しれませんね。
 ※関連記事は右サイドバーの「リンク集」から、「関連記事」のリンクを参照ください。


【テクニカルエンジニア(NW)今日の過去問対策】

【 問 題 1 】
インターネットで電子メールを送る場合には、本文に使用する文字に注意する必要がある。文字化けの危険性があるので使用を控える方がよい文字はどれか。

ア αβγδεζηθικなどのギリシア文字
イ @ABCDEFGHなどの丸付き数字
ウ ☆★○●◇◆□■▲△などの一般記号
エ ∈∋⊆⊇⊂⊃∪∩∧∨などの学術記号
 ※答えは「続きを読む」で
<答え>
【イ】
機種や環境(OS)に依存する文字のことを機種依存文字といい、通信で使うと文字化けの危険性があります。
一般的に機種依存文字の問題があるのは、丸付き数字やローマ数字などがあります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49108461

この記事へのトラックバック
Produce by Nariaki Okamoto
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。