パソコンの記憶装置にフラッシュメモリーが搭載される

パソコンの記憶装置にフラッシュメモリーを搭載する動きが加速しているそうです。
搭載を発表しているのは、富士通やNEC、東芝、デルなどパソコン大手で、フラッシュメモリーはHDDに比べて軽量かつ高速なので、パソコンの小型軽量化やソフト起動時間を大幅に短縮できるそうです。

東芝のコスミオG40シリーズでは、1GBのフラッシュメモリーを搭載し、ビスタやソフトウエアの起動などを高速化する「ターボメモリー機能」を搭載するそうです。
パソコンの高性能化、小型化に拍車をかけそうですね。

【東芝 Qosmio(コスミオ) G40/97C】
 ※関連記事は右サイドバーの「リンク集」から、「関連記事」のリンクを参照ください。


【テクニカルエンジニア(NW)今日の過去問対策】

ネットワークに接続されているホストのIPアドレスが212.62.31.90で、
サブネットマスクが255.255.255.224のとき、ホストアドレスはどれか。

ア 10
イ 26
ウ 90
エ 212
 ※答えは「続きを読む」で
<答え>
【イ】
255.255.255.224を2進数表示にすると、
11111111 11111111 11111111 11100000
となるので、27ビット目までがネットワークアドレスとなります。
また、90を2進数表示にすると、
01011010
となります。
ここで、27ビット目(4オクテットの3ビット目)までがネットワーク
アドレスなので、ホストアドレスは
00011010 ⇒ 26
となります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43983777

この記事へのトラックバック
Produce by Nariaki Okamoto
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。