ソニーが折り曲げ可能な有機ELディスプレーを開発

ソニーが次世代ディスプレー「有機ELディスプレー」で、折り曲げた状態でもフルカラーの映像を映せる技術を開発しました。
パネルの厚さは、0.3ミリと超極薄です。
丸めて収納することも出来るそうですので、テレビがまるでポスターのような感覚になりそうですね。
私はまだブラウン管のテレビを使っていて、そろそろ液晶テレビに買い換えたいと思っていたのですが、さらに次世代のテレビが出るのであれば、もっと待った方がいいのかな、と考えてしまいました。
 ※関連記事は右サイドバーの「リンク集」から、「関連記事」のリンクを参照ください。

【テクニカルエンジニア(NW)今日の過去問対策】

ITIL(Information Technology Infrastructure Library)では、資料部門が業務要件に合わせて必要なITサービスをいつでも利用できるように、運用管理部門の管理業務プロセスとして可用性管理を定義している。可用性管理プロセスの業務に該当するものはどれか。

ア ITサービスが中断した際の迅速な対応と復旧
イ ITサービスに必要なサーバの処理能力の確保
ウ 障害の予防
エ 利用部門からの問合せへの対応
 ※答えは「続きを読む」で
<答え>
【ウ】
可用性管理とは、ITサービスを継続して利用出来るように維持、管理すること
ですので、正解は「障害の予防」のウとなります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Produce by Nariaki Okamoto
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。