光化学スモッグ注意報が5月に

5月9日に日本各地で光化学スモッグ注意報が発令されました。

【光化学スモッグとは】
自動車の排ガスなどに含まれる窒素酸化物などが紫外線で化学反応を起こし、光化学オシキダントに変化して発生します。
「目がチカチカする」、「喉が痛い」などの症状や、ぜんそく発作などを引き起こすこともあります。
光化学スモッグ注意報が発令されたら、外出や屋外での運動、自動車等の使用をなるべく控える方が良いそうです。

【光化学スモッグの基準】
環境基準は、オキシダント濃度の1時間値が0.06ppm以下であることです。
光化学スモッグ学校情報は、オキシダントの大気中における含有率が0.10ppm以上である状態が継続すると認められる時に発令されます。
光化学スモッグ注意報は、オキシダントの大気中における含有率が0.12ppm以上である状態が継続すると認められる時に発令されます。


こんな早い時期に注意報が発令されるのは、やっぱり異常ですよね。
やっぱり地球環境が心配になってしまいます。
私の子供や孫の代でも、地球は大丈夫なのでしょうか。
(私の代でも大丈夫かどうか分かりませんが・・・)


【テクニカルエンジニア(NW)今日の過去問対策】

DSS(意思決定支援システム)機能を支援する目的で設計され、主題別に整理して蓄積されたデータ集合はどれか。

ア データウェアハウス
イ データディクショナリ
ウ ハッシュテーブル
エ メタデータ
 ※答えは「続きを読む」で【ア】
データウェアハウスとは、同じ主題のデータを集め、整理することにより、情報を分析し、意思決定に役立てるものです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Produce by Nariaki Okamoto
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。