大手ゲーム会社がPS3から任天堂向けにソフト供給を変更

大手ゲーム会社のPS3離れが進んでいるようです。
バンダイナムコゲームスやセガなどが、ソフト開発をPS3向けからニンテンドーDSやWiiに比重を移しているようで、2007年度に発売する任天堂向けソフトを前年度比倍増を計画しているそうです。

高画質で高い性能が売り物のPS3は、その分ソフト開発の制作費が膨らんでしまうので、慎重になっているようです。

6月19日付けでSCE社長に就任した平井一夫社長が、PS3向けソフトを大幅に増やす計画を表明したばかりですが、中小ソフト会社は高画質が売りのPS3向けソフトの開発は厳しいでしょうから、大手ソフト会社がPS3向けソフトの出荷本数を少なくしてしまうと、かなり厳しそうですね。

【Wii本体 価格 26,667円 (税込28,000円) 送料別 】
 ※関連記事は右サイドバーの「リンク集」から、「関連記事」のリンクを参照ください。


【テクニカルエンジニア(NW)今日の過去問対策】

無線 LAN において,40 ビット又は 104 ビットの値を暗号化かぎとしてあらかじめ設定して、送信フレームに対し暗号化する方式はどれか。

ア EAP
イ ESS-ID
ウ WEP
エ WPA
 ※答えは「続きを読む」で続きを読む
Produce by Nariaki Okamoto
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。