グーグルの電子図書館に新たに12大学が参加

グーグルの電子図書館に新たに12大学が参加するとの発表がありました。

電子図書館とは、蔵書を電子ファイルにし、その内容をインターネットに公開し、検索出来るというサービスです。
今現在参加済の大学・図書館は15程なので、一気に倍増する予定です。

一方、このサービスに対して、米出版大手から著作権侵害としての反発も
あるようです。
インターネットの世界では、どうしても著作権問題が出てきますね。
 ※関連記事は右サイドバーの「リンク集」から、「関連記事」のリンクを参照ください。


【テクニカルエンジニア(NW)今日の過去問対策】

RSVPの説明として、適切なものはどれか。

ア QoSを実現するために、IPパケットに優先度情報を付加することによって、インターネットを流れるトラフィックを制御する。
イ オーディオ・ビジュアル情報などの連続した情報の発生源を遠隔制御する。
ウ シーケンス番号とタイムスタンプを付加することによって、リアルタイム情報を伝送するパケット間の時間差を保証する。
エ ネットワーク資源の予約を行い、ノード間でのマルチメディア情報のリアルタイム通信を実現する。
 ※答えは「続きを読む」で続きを読む
Produce by Nariaki Okamoto
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。