Dell製PCにGoogleのスパイウェアすれすれソフトがインストール

Googleとの提携でDell製PCにインストールされているプログラムが、「スパイウェアすれすれ」の動きをするというニュースがありました。

Dellのパソコンには、デフォルトでGoogle Toolbarが搭載されています。
これにより、GoogleがInternet Explorer 7のデフォルトの検索エンジンとなります。
そして、Googleの広告収入はDellとGoogle間で分配される仕組みとなっているそうです。

問題とさているのは、利用者がURLの入力をミスした時に表示される、「DellブランドのGoogle検索結果ページ」です。
このページは、上部と右側が広告でいっぱいになっており、正規の検索結果はほとんど見えない状態になっているそうです。

私はDellのGoogleも好きだったのですが、このようなユーザを無視した
仕組みを作られるとがっかりしてしまいますね。
※関連記事は右サイドバーの「リンク集」から、「関連記事」のリンクを参照ください。


【テクニカルエンジニア(NW)今日の過去問対策】

マルチリンク手順に関する記述のうち、適切なものはどれか。

ア 複数の回線を並列に接続したときに、それぞれのデータリンクで信頼性を高めるプロトコルである。
イ 複数の並行するデータリンク間の中継機能を提供するプロトコルでる。
ウ 複数の並行するデータリンクを一つの論理的なデータリンクとして扱うプロトコルである。
エ 物理的に一本の回線を、論理的に複数のデータリンクに分けて使う、回線多重化プロトコルである。
 ※答えは「続きを読む」で
続きを読む
Produce by Nariaki Okamoto
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。