セカンドライフの日本語版

セカンドライフとは、「米リンデンラボ」が運営しており、急成長しているインターネット上の仮想世界です。
インターネット上の世界に自分のアバター(分身)を作って、バーチャルな世界を生活したり人との交流を楽しむことができます。

また、セカンドライフのすごいところは、「リンデン・ドル」と呼ばれるゲーム通貨を利用して、セカンドライフ上で仮想の商品を購入できるほか、実際のお金(ドル)にも換金できてしまうというところです。

日本語版もまもなく公開するということなので、英語に抵抗があった方もこれを機会に始めてみてはいかがですか?
http://secondlife.com/world/jp/

【テクニカルエンジニア(NW)今日の過去問対策】

プログラム言語Cの特徴はどれか。

ア 高水準言語であるが、システムの細部までを記述でき、その成り立ちからシステム記述言語として位置づけられていることが多い。
イ 述語論理を基盤とする言語であり、ユニフィケーションとバックトラックを使ってデータベースを探索する。
ウ 初心者向きの対話型汎用言語であり、パソコンの発展とともに普及してきた。
エ 対話型言語の正確をもった関数型言語であり、集合演算や行列演算に特徴があるので、普及当初は科学技術計算向きとされた。
 ※答えは「続きを読む」で
続きを読む
Produce by Nariaki Okamoto
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。